所定外勤務制限の対象者

次のような労働者は除外対象となっています。

  • 日々雇入れられる者
  • 労使協定で定めた場合には、次の者

  • 勤続1年未満の者
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の者

なお、労働基準法でいう管理監督者については、この制度の適用はありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る