所定労働時間の短縮等の措置とは

会社は、要介護状態にある対象家族を介護する労働者が介護と仕事の両立を容易に行えるよう、勤務時間等に関する次のいずれかの措置を講じる必要があります。

対象期間は対象家族1人につき、介護休業した期間と合わせて93日まで。
なお、平成29.1.1から介護休業とは別に利用開始日から3年以上の間で、2回以上を利用できるようにする必要があります

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る