短時間勤務

短時間勤務制度は、本来の所定労働時間を短くする制度です。
短時間勤務措置の例は次のとおりです。

  • 1日の所定労働時間を短くする
    • 例)1日8時間⇒1日6時間へ変更(※)
  • 1週間の所定労働時間を短くする
    • 例)1週間の所定労働日:5日⇒3日へ変更
  • 1ヶ月の所定労働時間を短くする
    • 例)1ヶ月の所定労働日:21日⇒15日へ変更

※なお、短時間勤務の制度は、労働者がその要介護状態にある対象家族を介護することを実質的に容易にする内容のものであることが望ましいとされており、所定労働時間が8時間の場合は2時間以上、7時間以上の場合は1時間以上の短縮が望ましいとされています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る