介護費用の補助

介護費用の補助とは、労働者が利用している介護サービスの費用を補助する制度です。注意しなければならないのは、ここでいう「介護サービス」とは家政婦、介護サービス会社によるサービス、介護サービスを提供する施設におけるサービスなど、要介護状態にある家族を、現実かつ直接に介護するサービスでなければならないという点です。

介護情報の提供や介護機器貸し出し等では、家族が介護する必要性がなくならないため該当しませんのでご注意を! よって例としては次のようなものがあげられます。

介護費用の補助の例

1.会社が契約をしている介護サービス会社の介護サービスを利用しにかかった費用を補助する。

  • 1日あたり利用額の20%を上限
  • 利用日数 93日
  • 費用の補助目安としては、1日あたり2時間のヘルパーを雇った場合に、その料金の5割程度以上の助成が望ましいとされています。

2.介護サービスを提供する施設の設置運営をする。(設置運営の費用を拠出するような場合を含む)

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る