深夜勤務制限の対象者

対象者は要介護状態にある対象家族を介護する労働者です。ただし次のような労働者は除外対象となっています。

  • 日々雇入れられる者
  • 勤続1年未満の者
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の者
  • 所定労働時間の全部が深夜にあたる者
  • 深夜に介護できる同居する16歳以上の家族がいる者

深夜に介護ができる家族とは、次のすべてに該当する家族です。

  • 深夜の就業をしていない(深夜の就労日数が1月につき3日以下の者)
  • 負傷、疾病または心身の障害により、介護が困難でない
  • 産前6週間以内(多胎妊娠の場合は14週)、または産後8週間以内でない

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る