介護保険とは

国が運営をする介護保険は40歳以上の人を被保険者として市区町村が窓口となり運営をする強制加入の社会保険制度です。40歳になると被保険者になり、保険料を納めます。介護が必要と認定されたときは、介護に必要な費用の一部を自己負担することにより介護サービスを利用することができます。

介護保険の被保険者

介護保険に加入する被保険者には次の2種類があります。

第1号被保険者
65歳以上の加入者介護が必要になった原因を問わず介護サービスを利用することができます。

第2号被保険者
40歳以上64歳までの加入者介護が必要となった原因が、老化による特定の疾病による場合は、介護サービスを利用することができます

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る