介護環境サービスとは

介護環境サービスは、介護が必要な人が自宅で生活するためのサービスです。要介護、要支援と認定され、自宅で生活をするために生活環境等を整える必要がある場合は、住宅の改修、杖、車椅子、ベッド等の福祉用具のレンタル、また、レンタルに向かない福祉用具を購入した場合は購入費の支給など、下記のようなサービスを受けることができます。

サービスの種類 サービスの内容
福祉用具の貸与
(レンタル)
利用者に下記の福祉用具が貸し出されます。費用の1割を自己負担します。
<貸与の対象となる福祉用具>
車椅子、ベッド、床ずれ防止用具、体位変換機、手すり、スロープ、歩行器、杖、徘徊感知機器、移動用リフト 等
福祉用具
購入費の支給
利用者が、対象となる福祉用具を購入したとき、購入費用の9割が支給されます。
<購入費の支給対象となる福祉用具>
便座、尿気、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフトの釣り具部分

利用者が居住する住宅に手すりを取り付けるなど、対象となる小規模な住宅改修を行った場合、
その費用の一部が支給されます。

介護環境サービスを受けるには

介護保険を利用して介護福祉用具のレンタルや購入、また、住宅の修繕をする場合には、利用者の心身の状況や希望に基づいたケアプランを立てる必用があります。介護福祉用具のレンタルや購入はケアプランの作成が終了した後に行います。また、住宅を改修するときは、あらかじめ市区町村に工事の内容等を申請し審査を受ける必要があります。介護環境サービスの利用を希望するときは、ケアプランの作成のために、まずはケアマネージャーに相談してください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る