「要支援」と認定されたときの介護サービスの受け方

要支援と認定された場合は介護予防サービスを受けることができます。介護予防サービスを受ける場合は地域包括支援センターへ直接連絡をとります。
要支援

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは、2006年から各市区町村が高齢者の生活を支える地域包括ケアの中核機関として、中学校区ごとに1つずつ新設している機関です。保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等の専門資格を持った職員が、それぞれの専門知識を活かして連携チームをつくり、高齢者が要介護状態にならないための介護予防プログラムを計画・実施しています。
要介護認定で「要支援」と判定された方は、市区町村の介護保険担当者から紹介された地域包括支援センターで介護予防サービスを申し込むことになっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る