介護保険の利用例

介護認定を受け、認定の度合いに応じて、支給限度額のある介護保険。支給限度額を聞いても、いったいどのようなサービスがどのぐらい受けられるかわかりにくいので、次の2つの利用例をみてください。

施設サービスの利用例

要介護と認定されると施設サービスを利用することができます。施設サービスは介護保険の適用となる「介護老人保健施設(特別養護老人ホーム)」、「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」に入所して介護サービスを受けます。

施設サービスは利用者の心身の状況や環境等により、介護を中心とするか、看護を中心とするか、医療ケアがどの程度必要なのかにより入所する施設を選ぶことになります。入所すると利用者の心身の状況や希望に応じて施設サービス計画を立て、計画に基づきサービスを受けます。次の例は日常生活の介護を中心とする介護老人福祉施設の基本的な利用例です。そのほか、希望や必要に応じて機能訓練などのサービスも加わります。また、介護保険の対象外となりますが、理容などのサービスも受けることができます。
介護保険の利用例

施設の
種類
介護老人
福祉施設
介護老人
保健施設
介護療養型
医療施設
特徴 介護が中心 介護やリハビリが中心 医療ケアや看護が中心
常に介護が必要で、在宅での生活が困難な人が日常生活上必要な介護、機能訓練や看護を受ける施設 病状が安定し、看護を受けながら、リハビリしたり、介護を受ける施設 急性期の治療を終え、長期的な療養が必要な場合に医療ケア、看護、介護を受ける医療施設

在宅サービスの利用例

要支援・要介護の認定を受けると、在宅サービスを利用することができます。在宅サービスには自宅で受けるサービスのほか、施設を利用して受けるサービス、生活環境を整えるサービスなどがあります。支給限度額内ではどのようなサービスが受けられるか介護度別に見てみましょう。

介護度別 支給限度額内での利用できる介護サービスの目安

要介護度 サービスの目安
要支援 1 週2回程度のサービス
・訪問介護、通所介護、通所リハビリの中から週2回程度
2 週3~4回程度のサービス
・訪問介護、通所介護、通所リハビリの中から週3~4回程度
・福祉用具(歩行補助つえなど)の貸与
要介護 1 1日1回程度のサービス
・訪問介護、訪問看護、通所介護、通所リハビリの中から1日1回程度
・短期入所 ・・3ヶ月に1週間程度
・福祉用具(歩行補助つえなど)の貸与
2 1日1~2回程度のサービス
・訪問介護、訪問看護、通所介護、通所リハビリの中から1日に1~2回程度
・短期入所 ・・ 2ヶ月に1週間程度
・福祉用具(歩行器・認知症老人徘徊感知器など)の貸与
3 1日2回程度のサービス
・訪問介護、訪問看護、通所介護、通所リハビリの中から1日に1~2回程度
・短期入所 ・・ 3ヶ月に1週間程度
・巡回型訪問介護(夜間) ・・1日1回程度
・福祉用具(車椅子、特殊寝台、マットレスなど)の貸与
4 1日2~3回程度のサービス
・訪問介護、訪問看護、通所介護、通所リハビリの中から1日に2回程度
・短期入所 ・・ 2ヶ月に1週間程度
・巡回型訪問介護(夜間) ・・ 1日1回程度
・福祉用具(車椅子、特殊寝台、マットレスなど)の貸与
5 1日3~4回程度のサービス
・訪問介護、訪問看護、通所介護、通所リハビリの中から1日に2回程度
・短期入所(1ヶ月に1週間程度)
・巡回型訪問介護(早朝・夜間) ・・ 1日各1回程度
・福祉用具(車椅子、特殊寝台、エアーパットなど)の貸与

要介護度1利用例
サービスの目安

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る