介護休業規程 第3条 介護休業の撤回

第 3 条(介護休業の申出の撤回等)
申出者は、介護休業開始予定日の前日までに、会社に文書で(★1)申し出ることにより、介護休業の申出を撤回することができる。

2  会社は、前項の申出がなされたときは申出を受けた旨を通知する。

3  同一対象家族について2回連続して介護休業の申出を撤回した者について、当該家族について再度の申出はすることができない。(★2)。

4  介護休業開始予定日の前日までに、申出に係る家族の死亡等により申出者が家族を介護しないこととなった際、会社にその旨を通知した場合は、介護休業の申出はされなかったものとみなす(★3)。


★1)撤回などの申出も文書が原則
●ひと工夫 ⇒
書式が多くなると管理も大変です。厚生労働省から、見本の書式は出ていますが、むしろ1枚でいくつかの申出を兼ねられるものを作成していただいたり、書式集をまとめておくなど使いやすい工夫があるといいかもしれません。

★2)本人が一回撤回しても再度の申し出は可能
介護休業は育児休業ほど長期でなく、また、介護するための休業であるということからも対象家族について、申し出の撤回等が認められています。

★3)対象家族が死亡等した場合
介護する理由がなくなった場合は、従業員から報告があれば、撤回ではなく、申し出がなされなかったものとされます。

★その他 撤回以外にも、介護休業を延長することが可能
理由がなくても休業ごとに1回、休業期間93日の範囲内で、従業員が繰下げを申し出ることができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る