休業期間と給与

休業期間

1人につき93日です。93日という期間が短いと思われる方も多いでしょう。これには背景があり、育児介護休業法ができた当初は介護休業期間は3か月となっていたのですが、この3か月という期間は脳血管疾患で倒れた家族が倒れてから最低3か月が介護先が決定するまで必要でしょうというように決まった背景があるようです。
介護体制の構築に利用するなどが想定された期間です。

ところで、休業期間については、よく間違われるケースがあるのですが、次のようなケース、父の介護休業(C)は、最大何日休業(?の部分)がとれるでしょうか?

f1ed3f9a

通常は1人につき93日ですので、既に使ってしまった30日分を引いて「?」=63日となります。

※本ケースでは父の休業を2回に分けて取得していますが、H29.1.1以降は3回に分割取得できます

給与

介護休業期間を有給とするか無給とするかは会社が自由に決めることができます。なお、無給である場合、支給される給与が少ない場合は、雇用保険から介護休業給付金が受けられる場合があります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る