常時介護を必要とする状態の判断基準

育児介護休業法の対象となるには、対象家族が要介護状態でなければなりません。この要介護状態とは、「2週間以上常時介護を必要とする状態」をいいます。
なお、判断基準は次のとおりです。(H29.1.1-)
         <常時介護を必要とする状態に関する判断基準>

※介護保険の要介護2以上 もしくは 上記のリンクの表のいずれか
         

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る