従業員に介護支援制度を活用してもらうには?

Q.従業員の皆さんに、介護についてよく知ってもらい、介護支援制度を活用して仕事を続けてもらうためにはどのような方法が効果的でしょうか?


A.よくお伺いする意見として、介護に直面したことがない方は「介護支援制度への理解や介護者に対する関心が低いことはもちろん、介護自体に関心が低い」といわれます。対して、仕事と介護を両立する従業員にとっては、周囲の理解が不可欠だといわれます。

結局は、介護に関心がない従業員も巻き込みつつ、介護はお互い様であり、特別な問題でないことを認識してもらい、職場で介護も含めて相談できるような職場環境を醸成することが必要と思われます。例えば、会社で介護保険料を徴収した場合に、そのお金がどのように使われるか、また、その徴収開始時期の意味を従業員の皆さんはご存知でしょうか? 介護が必要な人に介護支援制度を知っていただく以外にも、関心のない方に対し、身近に起こる介護との関わりのタイミングに、介護のこと全般を知っていただく機会を会社が設けるのも一つの方法です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る