介護支援制度に取り組む理由

今現在、介護支援制度の策定を考えている、あるいは策定している企業は、かなり従業員の介護に対する意識の高い会社であると言えます。意識が高い理由もさまざまです。>介護支援制度の策定に取り組む理由として、次のようなものがあげられます。

  • 企業のリスクに備える
    • 介護を理由とした離職により労働力の減少リスク
    • 介護をする従業員が企業にあたえる影響
  • 従業員の福利厚生、労働環境の向上
  • 社会貢献

社会問題である高齢化社会における介護

従来、介護は「国と地方自治体」「高齢者本人」「介護事業者」を中心に考えられてきました。しかし、介護をする従業員が働く企業が、積極的に支援をすることで、介護予防、介護手段等に多様性、可能性が広がります。

複数の家族で介護をすることを比較的容易にすることで、介護地獄や高齢者虐待などの悲惨な介護環境に変化をもたらす可能性もあります。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る