仕事とxxの両立の動き

本ホームページでは、「仕事と介護の両立」をテーマとして取り上げていますが、
人が働き続けるにあたり、会社の対応が必要になっているものはさまざまなものがあります。
例えば、既に取り組まれている「育児」。ほかにも「不妊治療」だったり、「病気の治療」だったり、、、

あまりご存知ない方も多いですが、介護問題では少子高齢化がいわれる一方で、
少子化とは言われながらも、女性活躍を背景に、
比較的高齢で出産を考える夫婦等が増えており
夫婦5.5組に1組が不妊検査や治療を経験しているといわれています。
また、不妊治療は、介護よりも更にプライベートな問題として受け止められやすい故に
治療の頻度・内容・状態等について周囲の理解が低く、介護と同様
仕事ととの両立が難しく、本人が離職を考える傾向が高いとも言われています。

このような状況に対し、「不妊治療」についても、仕事との両立のための取り組みが始まっています。
東京都では 「働く人のチャイルドプランサポート事業」として
『不妊治療と仕事の両立セミナー』(参加無料)を下記のとおり開催しています。
ご興味のある方はぜひお出かけください。

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/josei/katsuyaku/childplan/

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る