2020年花見

母は、仙骨部にある深い褥瘡(いわゆる床ずれ)の治療
(切開手術・陰圧療法)のため、
定期的に特養→入院→特養→入院を繰り返しています。
褥瘡に体重をかけないように、半年前から寝たきり状態です。
医師の診断では、褥瘡が治り車椅子に座る生活に戻るまでには、
まだまだ1年以上は必要とのこと。

そこで、家族、病院の医師・看護師さん、施設のスタッフさんと相談して
オリンピックイヤーの2020年花見までに、完治しようと目標を定めました。
母を車椅子で花見に連れ出し、皆で大パーティーをしようと思います。

どんな状況でも、希望や目標をもてることは、ありがたいなーと
あらためて思う今日この頃です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る