「介護離職予防の取り組みに関するアンケート調査」経団連

今月は、経団連が公表した「介護離職予防の取り組みに関するアンケート調査」
の集計結果についてお伝えします。介護離職の予防に向けた企業の取り組み
の現状について、117社(回答率50.4%)から回答を得たものです。

注目したいのは、
「社員の介護問題を支援するのは人事労務管理上の重要課題」として位置付け
ている企業が4割以上もあるところです。
両立支援セミナーの開催や、相談窓口の設置、介護に関する費用の支援を行う
企業はそれぞれ6割弱に達しています。
ジワジワと企業における課題認識は広く進んでいるようです。

http://www.keidanren.or.jp/policy/2018/005.pdf

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る